静岡県地産地消サイト
サイトマップ リンク 情報の投稿はこちら 協議会の皆様へ
  文字サイズ 文字を大きく デフォルト 文字を小さく
ホーム 静岡県の産品 産品の販売店 おすすめ料理 おすすめ旬レシピ イベント情報
 
BANNER

 
 
 
投稿日時: 2017-1-12

静岡県の「いちご」は、産出額全国5位です(平成27年農水省統計)。

県内東部から西部までの産地で栽培され、いちご狩りも盛んに行われています。

静岡県でつくられている主な品種

・紅ほっぺ…県内のJA出荷の約8割を占める代表的な品種。
                  甘みと酸味のバランスがよく味が濃厚。

・きらぴ香…紅ほっぺの特色を受け継ぐ新品種。
                  つやが良く、みずみずしくなめらかな口当たり。
                  静岡県内のみで生産されている希少性の高い品種です。

・章  姫…20年にもわたる長期間栽培されている品種。
                  酸味が少なく柔らかな食感。

*主な出荷時期は11月~5月です。

いちごのイベント御案内

「静岡いちご紅ほっペストロベリーフェスタ」

日付:1月9日(月)~31日(火)
場所:西武池袋本店(東京都豊島区南池袋1-28-1)
         食品館地下1階

「紅ほっぺの大試食会」

日付:1月13日(金)~15日(日)
場所:西武池袋本店(東京都豊島区南池袋1-28-1)
         食品館地下1階(中央)16~18時、地下2階(北A3)13~18時
         ※なくなり次第終了

◎いずれも静岡県いちご協議会(JA静岡経済連)
いちご通信 http://www.shizuoka-ichigo.jp/
 


投稿日時: 2016-11-13

静岡県はみかん王国

温暖な気候に恵まれた静岡県では、各地でそれぞれの特徴を活かした様々なみかんが栽培されています。     
みかん栽培の主力は「温州(うんしゅう)みかん」で、静岡県の生産量は、愛媛県、和歌山県に次いで、全国第3位です。
しかし、みかんの消費量は、年々減少傾向にあります。みかんを食べることが健康維持につながることを、もう一度見直してみましょう。
このほど、国の研究機関による10年間にわたる調査で、温州みかんの黄色の色素に多く含まれる「β-クリプトキサンチン」の効能が明らかになりました。
さらに、平成27年4月からは、「機能性表示食品」制度がスタートし、三ヶ日みかんが生鮮食品として初めて、「機能性表示食品」として販売されています。

三ヶ日みかんの「機能性表示食品」届出内容

届出表示内容

「本品には、β-クリプトキサンチンが含まれています。β-クリプトキサンチンは骨代謝のはたらきを助けることにより、骨の健康に役立つことが報告されています。」

 

1日摂取目安量及び摂取の方法

「1日当たり可食部270g(約3個)を目安に、そのままお召し上がりください。」

 

 

静岡の多彩なみかん

県内で栽培される温州みかんの半分以上を占める品種は「青島温州」です。「青島温州」は、12月頃から収穫されます。その後しばらく貯蔵され、まろやかな甘みとなって、主に1月から2月に出荷されます。

その他にも、11月から12月に出荷される「早生(わせ)温州」、2月以降に出荷される沼津の特産「寿(じゅ)太郎(たろう)温州」、清水生まれの中晩柑(ちゅうばんかん)「はるみ」など、静岡のみかんは多彩です。

おいしい静岡みかんをたくさん食べて、健康を維持しましょう!

【お問い合わせ】静岡県経済産業部農業局農芸振興課 054-221-2732
 


投稿日時: 2016-10-13

静岡県の柿産地

全国的に柿の産地といえば、「和歌山県」や「奈良県」です。
しかし静岡県でも、生産量は少ないものの、県東部の長泉町や、西部の森町、磐田市、浜松市浜北区などの歴史ある産地で、品質の高いそして特徴ある柿が栽培されています。

静岡県で作られている柿の品種

・次郎柿(治郎柿)

甘柿の次郎柿は、250~300gで四角い形をしているのが特徴です。

種はほとんどないので食べやすく、果肉は固めでコリコリとした食感を楽しめます。

国内の甘柿では、富有柿の次に多く栽培されています。

1844年に森町の松本治郎吉さんが発見して自宅に植えたのが始まりとされています。

現在も県の指定天然記念物として保存されています。

また、森町からは、毎年、厳選された柿が皇室に献上されています。

森町、磐田市や浜松市浜北区を中心に栽培され、主な出荷時期は、10月下旬から12月上旬です。

近年は、ハウス栽培や冷蔵保存により、出荷期間を拡大する工夫もされています。

・四ッ溝柿

小ぶりで先が尖ったハート型、四方に浅い溝が入っている渋柿です。

渋柿なので渋を抜く〝脱渋作業〟が必要ですが、お店で販売されている四ッ溝柿のほとんどは、渋を抜いた後のものです。

脱渋したものは甘みが強く、果肉も柔らかいのでとてもジューシーな味わいがあります。

愛鷹山麓が原産地と言われ、長泉町で栽培が盛んに行われています。

主な出荷時期は10月中旬から1月下旬です。

しずおか食セレクション

遠州中央農業協同組合敷地柿組合の「次郎柿」(平成26年度から)と、
南駿農業協同組合果樹部会四ッ溝柿専門部会の四ッ溝柿「するがの柿」(平成23年度から)は、しずおか食セレクションに認定されています。

販売場所と問合せ先

次郎柿 JA遠州中央直売所 森の市 
周智郡森町森1731-1  TEL 0538-85-0831

JAとぴあ浜松 湖北営農果樹センター 柿・梨選果場
浜松市浜北区新原2222 TEL 0120-236-256

四ッ溝柿 JAなんすん東部営農経済センター
駿東郡長泉町下土狩1029-1 TEL 055-986-1852
 

静岡県の産品 柿のページを見る

 


投稿日時: 2016-7-7

徳川家康に献上していたという記録も残っている「折戸なす」。初夢に見ると縁起が良いとも言われる「一富士、二鷹、三茄子」の「茄子」は「折戸なす」のことだと言われています。
折戸なすは、三保半島折戸の在来品種で、明治以降栽培が途絶えていましたが、国の研究機関に保存されていた種子で栽培が復活し、2007年から三保・折戸地区で出荷が始まりました。
折戸なすは形が丸く、鋭いトゲがありますが、果実は引き締まっていてずっしりと重く、味も濃厚で、現在のなすにはない特徴があります。 
まだ生産量はわずかで、なかなかお目にかかれませんが、是非、一度お試しください!!


◎購入できる場所

JAしみずアンテナショップきらり
・イオン県内各店舗

店名 住所
イオン浜松市野店 〒435-0052 浜松市東区天王町字諏訪1981-3
イオン浜松志都呂店 〒432-8066 浜松市西区志都呂2-37-1
イオン浜松西店 〒432-8061 浜松市西区入野町6244-1
イオン袋井店 〒437-0125 袋井市上山梨字宮西167
イオン焼津店 〒425-0045 焼津市祢宜島555
イオン清水店 〒424-0871 静岡市清水区上原1-6-16
イオン富士宮店 〒418-0032 富士宮市浅間町1-8


【おすすめレシピ 折戸なすの茄子丼】

(材料)4人分
・折戸なす 540g(3個)    ・水    300cc
・豚バラ肉 100g        ・しょうゆ 大さじ2
・にんにく 1片        ・砂糖   大さじ2
・葉ねぎ  少々        ・サラダ油 適量
・ご飯   4人前       ・小麦粉、片栗粉 少々


(作り方)
①折戸なすを8等分のくし切りにし、水にさらしてあく抜きをする。
②油を170℃に熱し、①の折戸なすに小麦粉をまぶして油で揚げる。
③にんにくと豚バラ肉を炒める。
④水・しょうゆ・砂糖を火にかけ、ひと煮立ちさせる。
⑤④に②と③を入れて、片栗粉でとろみをつける。
⑥ご飯に⑤を盛付けて、葉ねぎをかけて完成!!

★その他折戸なすに関する情報はこちらから★ 


投稿日時: 2016-7-4


浜松市の三方原台地を中心に広がる、水はけが良い赤土とサンサンと降り注ぐ太陽によって育った三方原馬鈴薯は、肌がきれいでデンプン価が高く、甘みやホクホク感があるのが特徴です。

大正時代初期に浜松市の三方原台地と湖西市の白須賀台地で開墾とともに栽培が始まり、戦後、開拓民の入植による開墾とともに栽培面積が広がりました。
三方原馬鈴薯は皆様おなじみの男爵で、5月中旬から7月が旬です。
生産者の方おすすめのレシピをご紹介しますので、ホクホクの食感を是非味わってみてください。

三方原馬鈴薯

【子どもも大喜び!! 皮まで食べる「三方原馬鈴薯」のホクホク・ポテトフライ】

(材料)2~3人分
・じゃがいも 3~4個
・水 200cc
・油 30~40cc

《調味料》
・鶏がらスープの素 大さじ1
・粉チーズ 大さじ3~4(お好みで)
・塩 少々
・パセリ 適量
※お好みで、ガーリックパウダー・季節のハーブ・ごまなど

(作り方)
①三方原馬鈴薯を皮付きのまま、食べやすい大きさに切ります。
②ボールに①と水を入れてラップをし、電子レンジで4分程度あたためます。
③キッチンペーパーで水気を取ります。
④油で焦げ目がつくまで素揚げします。
⑤揚げあがったら油をよく落とし、ボールに移し、調味料を加えて混ぜます。
お好みで、ガーリックパウダー・季節のハーブ・ごまなどを入れればオリジナルポテトフライの完成です。

◎紹介してくれたのは・・・

マスオさんファーム(鈴木増雄) 〒433-8105 浜松市北区三方原町2172

★その他馬鈴薯に関する情報はこちらから★ 
 


(1) 2 3 4 »
このページのTOPへ  
浜松市西区 浜松市北区 湖西市