静岡県地産地消サイト
サイトマップ リンク 情報の投稿はこちら 協議会の皆様へ
  文字サイズ 文字を大きく デフォルト 文字を小さく
ホーム 静岡県の産品 産品の販売店 おすすめ料理 おすすめ旬レシピ イベント情報
 
BANNER

 
 
 
新着情報 : 温州みかんは「骨の健康維持に役立つ」機能性成分を含んでいます!
投稿日時: 2016-11-13

静岡県はみかん王国

温暖な気候に恵まれた静岡県では、各地でそれぞれの特徴を活かした様々なみかんが栽培されています。     
みかん栽培の主力は「温州(うんしゅう)みかん」で、静岡県の生産量は、愛媛県、和歌山県に次いで、全国第3位です。
しかし、みかんの消費量は、年々減少傾向にあります。みかんを食べることが健康維持につながることを、もう一度見直してみましょう。
このほど、国の研究機関による10年間にわたる調査で、温州みかんの黄色の色素に多く含まれる「β-クリプトキサンチン」の効能が明らかになりました。
さらに、平成27年4月からは、「機能性表示食品」制度がスタートし、三ヶ日みかんが生鮮食品として初めて、「機能性表示食品」として販売されています。

三ヶ日みかんの「機能性表示食品」届出内容

届出表示内容

「本品には、β-クリプトキサンチンが含まれています。β-クリプトキサンチンは骨代謝のはたらきを助けることにより、骨の健康に役立つことが報告されています。」

 

1日摂取目安量及び摂取の方法

「1日当たり可食部270g(約3個)を目安に、そのままお召し上がりください。」

 

 

静岡の多彩なみかん

県内で栽培される温州みかんの半分以上を占める品種は「青島温州」です。「青島温州」は、12月頃から収穫されます。その後しばらく貯蔵され、まろやかな甘みとなって、主に1月から2月に出荷されます。

その他にも、11月から12月に出荷される「早生(わせ)温州」、2月以降に出荷される沼津の特産「寿(じゅ)太郎(たろう)温州」、清水生まれの中晩柑(ちゅうばんかん)「はるみ」など、静岡のみかんは多彩です。

おいしい静岡みかんをたくさん食べて、健康を維持しましょう!

【お問い合わせ】静岡県経済産業部農業局農芸振興課 054-221-2732
 



このページのTOPへ  
浜松市西区 浜松市北区 湖西市