静岡県地産地消サイト
サイトマップ リンク 情報の投稿はこちら 協議会の皆様へ
  文字サイズ 文字を大きく デフォルト 文字を小さく
ホーム 静岡県の産品 産品の販売店 おすすめ料理 おすすめ旬レシピ イベント情報
 
BANNER

 
 
 
新着情報 : 静岡県の「柿」のご紹介
投稿日時: 2016-10-13

静岡県の柿産地

全国的に柿の産地といえば、「和歌山県」や「奈良県」です。
しかし静岡県でも、生産量は少ないものの、県東部の長泉町や、西部の森町、磐田市、浜松市浜北区などの歴史ある産地で、品質の高いそして特徴ある柿が栽培されています。

静岡県で作られている柿の品種

・次郎柿(治郎柿)

甘柿の次郎柿は、250~300gで四角い形をしているのが特徴です。

種はほとんどないので食べやすく、果肉は固めでコリコリとした食感を楽しめます。

国内の甘柿では、富有柿の次に多く栽培されています。

1844年に森町の松本治郎吉さんが発見して自宅に植えたのが始まりとされています。

現在も県の指定天然記念物として保存されています。

また、森町からは、毎年、厳選された柿が皇室に献上されています。

森町、磐田市や浜松市浜北区を中心に栽培され、主な出荷時期は、10月下旬から12月上旬です。

近年は、ハウス栽培や冷蔵保存により、出荷期間を拡大する工夫もされています。

・四ッ溝柿

小ぶりで先が尖ったハート型、四方に浅い溝が入っている渋柿です。

渋柿なので渋を抜く〝脱渋作業〟が必要ですが、お店で販売されている四ッ溝柿のほとんどは、渋を抜いた後のものです。

脱渋したものは甘みが強く、果肉も柔らかいのでとてもジューシーな味わいがあります。

愛鷹山麓が原産地と言われ、長泉町で栽培が盛んに行われています。

主な出荷時期は10月中旬から1月下旬です。

しずおか食セレクション

遠州中央農業協同組合敷地柿組合の「次郎柿」(平成26年度から)と、
南駿農業協同組合果樹部会四ッ溝柿専門部会の四ッ溝柿「するがの柿」(平成23年度から)は、しずおか食セレクションに認定されています。

販売場所と問合せ先

次郎柿 JA遠州中央直売所 森の市 
周智郡森町森1731-1  TEL 0538-85-0831

JAとぴあ浜松 湖北営農果樹センター 柿・梨選果場
浜松市浜北区新原2222 TEL 0120-236-256

四ッ溝柿 JAなんすん東部営農経済センター
駿東郡長泉町下土狩1029-1 TEL 055-986-1852
 

静岡県の産品 柿のページを見る

 



このページのTOPへ  
浜松市西区 浜松市北区 湖西市